塾 予備校 違いについて

塾と予備校では教える対象が違います。

塾と予備校の違いは対象にしている者が違います。塾は小中学生を相手に授業をしています。塾講師は正社員が多く、授業以外にも、営業やホームページの作成など一般事務の仕事もあります。また、塾では進路指導の相談にも乗ります。授業は学校と同様に生徒とのコミュニケーションを図りながら進めていき、生徒も解らないときは質問ができます。予備校は高校生・浪人生を相手に講義をしています。予備校の講師は正社員は少なく、能力に応じた年俸制の契約社員が大半で、優秀な講師は年1億稼ぐ人もいますし、テレビに出演することもあります。予備校講師が個別の進路相談に乗るようなことはなく、進路相談は専門のスタッフが対応します。講師は全体の講義は行いますが、個別に教えることはなく、個別の対応は、現役大学生がアルバイトで授業後に対応しています。

Copyright© 塾 予備校 違い All Rights Reserved.

塾と予備校では教える対象が違います。