塾 予備校 違いについて

塾と予備校の違いについて

塾と予備校の違いについて説明していきたいと思います。まず塾は講師が基本的には正社員講師です。それに対して予備校は非常勤講師です。塾の場合は正社員のため、授業以外にも生徒の進路相談や管理などマネージメントにも携わります。それに対して予備校の場合は非常勤講師のため、授業のみを請け負います。授業以外のことは基本的に行いません。そのため、講師は授業に集中できるので、非常に授業の質は高いものになっています。また、講師以外にも違いはあります。指導対象です。塾の場合は、小学生から中学生を指導することが主流です。予備校の場合は、主に高校生や高卒生を指導します。保護者の方はそれぞれの企業の情報収集をお勧めします。

Copyright© 塾 予備校 違い All Rights Reserved.

塾と予備校の違いについて