塾 予備校 違いについて

塾と予備校では、教える対象が違います。

塾と予備校では教える対象が違います。塾はもともと小学校生や中学校の授業の補助を行うのが目的ですが、今では高い偏差値の進学をサポートする場合もあります。塾での主要教科は国語・英語・理科・社会・数学(算数)の5教科です。生徒のレベルに合わせクラス分けを行い、生徒のレベルに応じた進路相談も行います。授業スタイルは個別授業・集団授業・少人数授業があり、低学年の子には勉強の習慣を教えるとこもあります。予備校はもともと大学受験予備校といい、高校生や大学浪人生を対象に大学受験に特化した授業を行います。予備校では浪人生向けに、平日の昼間にも講義を行います。大学の講義同様、全体講義が大半ですが、中には塾と同様に個別や少人数制の授業を行うとこも増えてきています。

Copyright© 塾 予備校 違い All Rights Reserved.

塾と予備校では、教える対象が違います。