塾と予備校の違いを説明する概念

塾と予備校の違いを説明する上で決め手となる点としては、指導におけるその原理が該当します。塾の指導は「授業」、予備校の指導は「講義」と呼ぶことからそれについて知ることができるでしょう。「授業」は初等教育から中等教育までにおける学習指導の概念であり、指導者が学習者と意思疎通を図ることで勉学を促すことがその本質となっております。「講義」は高等教育における学習指導の概念として一般的に認識されており、その中では指導者の説明に基づいて学習者が自主的に勉強することが前提視されております。簡単にまとめると、自主性が備わっている学習者は予備校を、そうでない場合は塾を利用することが適切であるということであります。

冨田英人氏はトータルクリエイトの代表を務めています
マンション業界の会社の代表取締役として、名前が載っています。

職種やキーワードから簡単に求人検索ができます

ボタン電池で使える集音器を通販にて購入できます

menu

更新情報

塾と予備校の違いは対象にしている者が違います。塾は小中学生を相手に授業をしています。塾講師は正社員が

塾と予備校では教える対象が違います。

塾と予備校の間ではいろいろな違いがあります。まず塾は小学生、中学生、高校生を対象としているのに対し、

予備校と塾の違いについて

塾と予備校では教える対象が違います。塾はもともと小学校生や中学校の授業の補助を行うのが目的ですが、今

塾と予備校では、教える対象が違います。

塾と予備校の違いについて説明していきたいと思います。まず塾は講師が基本的には正社員講師です。それに対

塾と予備校の違いについて

Copyright© 塾 予備校 違い All Rights Reserved.

塾と予備校の違いを説明する概念