塾 予備校 違いについて

予備校と塾の違いについて

塾と予備校の間ではいろいろな違いがあります。まず塾は小学生、中学生、高校生を対象としているのに対し、予備校は大学や短大などの受験を受けることを目標にした高校生や浪人生を対象としているというのが大きな違いです。最近では小学生でも低学年、中学年でも塾に通う子が増えてきているのでこういった小さな子供達には授業以外のサポート面も教える側に求められてきます。また塾においては授業を受け持つ先生が直接進路の相談にのります。このため、その子の弱点や学力をよく分かったうえでその子どもにあった進路をすすめてくれます。一方、予備校では講師は講義を担当し、進路の相談にのりません。進路の相談には別の担当の人がいる予備校も多いです。

Copyright© 塾 予備校 違い All Rights Reserved.

予備校と塾の違いについて